活用事例

連成解析(VPS)サンプル事象2

  • 2018/06/04
  • WATANABE Tomoo
連成解析(VPS)サンプル事象2

以前に、VPS(Virtual Performance Solution)との連成解析例についてごく単純な例を用いてご紹介しましたので、今回はもう少し具体的な事例をご覧いただこうと思います。

上に計算結果のアニメーションを表示させていますが、実際の車両モデルにおいてステアリングホイールを回転させる事に依りステアリングロッドが左右に動く挙動を示しています。このモデルでは下図に示すようにステアリングホイールの回転角とロッドの変位量の間に単純な係数掛けをするだけで数値として変換を行っています。

SteeringControl_1D

この場合、ステアリングシステム自体の剛性や特性を考慮しているものではありませんので、上図のgain1ブロックをSimulationXで作成したモデルに置換することで実機同等の性能を持ったモデルとして評価を行うことが可能となります。これによりVPSのみでは非常にモデル作成工数や計算時間が増大となってしまうジョイント, ラック・アンド・ピニオンやパワーステアリングシステムまで考慮可能なモデルとして構築することが可能です。

興味を持たれた方は右のフォームよりお問い合わせください。