マルチドメイン・1D シミュレーションツール

SimurationX

SimulationXはModelica® Associationが策定するオブジェクト指向プログラミング言語Modelica®に準拠した1Dシミュレーションツールであり、機械・電気・熱・流体等、複数の物理分野(マルチドメイン)に跨がる物理現象を一つのモデル上で表現することが可能です。これにより、シミュレーションを通じて製品性能の決定や問題点の抽出などを容易にし、より信頼性の高い製品開発を支援します。

モデルベース開発 (Model Based Development : MBD)

製品設計段階に於いて要求性能の決定を書面(数値)で行う代わりに、部品/コンポーネント毎に要素へ置き換えてモデルを構築して設計を行う手法です。これによりシミュレーションを通じて製品の動作を確認することが可能となります。

マルチドメイン

形状ベースのモデルを用いて計算する2D/3Dシミュレーションとは異なり、製品を構成する部品を要素としてモデル化(性能を入力)し、それらを接続することで物理的な繋がりを表現します。これにより、製品全体を一つの”システム”として構築することで複数の物理分野に跨がるシミュレーションを可能とします。

単一GUI及び外部ツールとの連携

SimulationXではモデルの構築から計算及び結果の処理までが同じ画面上で行うことが出来ます。これにより、各段階の工程を意識することなくスムーズな解析を実施することが可能です。

SimurationX OverView 電気自動車開発プロセスへの応用

電気自動車開発プロセスへの応用

0D/1D シミュレーション

モデル作成から計算結果の分析までを同一画面で実行様々な分析手法が可能なため、幅広い要望にも対応可能

システムモデル作成例

システムモデル作成例

パラメータスタディの自動化

パラメータスタディの自動化

固有値解析と振動モード

固有値解析と振動モード

リアルタイムシミュレーション

リアルタイムシミュレーション

線形/非線形システムの動的分析

線形/非線形システムの動的分析

結果の視覚化(CAD形状の読み込みも可)

結果の視覚化(CAD形状の読み込みも可)

3D シミュレーションとの連成

3Dモデルからの変形や挙動に伴うフィードバックを加味した解析や3Dモデルに対し、条件に応じた制御を加えた解析を実施

車両モデルとCVTモデル

車両モデルとCVTモデル

3D連成シミュレーションとの連成

3D連成シミュレーションとの連成

システムコントロールモデル ※図:パワーステアリングモデルの例

システムコントロールモデル
※図:パワーステアリングモデルの例

Key Benefit

  • 各種物理分野毎の多彩なライブラリ
  • ドラッグ・アンド・ドロップと結線による直感的なモデル構築
  • シミュレーションによる製品性能の信頼性向上
  • モデル作成と結果検証の並列化に依る設計工数の削減
  • 設計工程のフロントローディング化
  • 部品や設計値変更による影響を即時に確認
  • Multi Body Systemによる3Dビューでの挙動再現
  • ユーザー定義によるオリジナルライブラリ/エレメントの作成
  • HiL, SiL, MiLによるソフトウェアや製品の機能検証
  • 非定常計算・振動解析・最適化等多彩な機能と解析手法
  • FMEA及びFTAによる故障モード分析
  • 技術者の教育や顧客への説明資料
 

シミュレーションフロー

製品企画

企画段階でシミュレーションによる製品価値の評価を行うことにより、信頼性の高い指標に基づいた仕様決定が可能です。

製品開発

開発段階で生じた問題や設計変更に瞬時に対応できることで製品の信頼性を向上させるとともに、製品開発のフロントローディングを推進し、開発期間短縮とコスト削減を可能にします。

セールス

営業・販促プロセスにおいて製品コンセプトの説明あるいは製品実現に掛かるコストの試算根拠として用いることができます。

試作

バーチャル試作を事前に行っておくことで、試作および試験数を削減し、設計から生産開始に至るまでの時間を短縮します。

運用

製品の運用状態を想定したチューニングを予め行うことで製品性能やエネルギー効率を最適化します。また、想定外の運用状態を想定したシミュレーションも可能です。

トレーニング

同一のモデルを参照することで、異なる技術領域における担当者間の情報共有を容易にするとともに、担当外の部分に対する知見や理解の習得を容易にします。

他ツールとの連携

  • FMI規格に対応 (Model Exchange, Co-Simulation, Cコード出力等)
  • CADデータインポート
  • MATLAB/Simulink
  • Microsoft Office
  • Virtual Performance Solution

SimulationXに関するお問合せ