産業向けのVRの価値を体験しませんか?IC.IDOのデモをご覧になりませんか?

IC.IDO Hardware

Valve SteamVR(HTC VIVE)の新しいコントローラ「ナックルズ」のプロトタイプ

  • 2017/07/31
  • SIM Jaebum
Valve SteamVR(HTC VIVE)の新しいコントローラ「ナックルズ」のプロトタイプ

5本の指でVRを操作したい願望、Valve社のSteamVR対応、新しいコントローラのプロトタイプが公開

現在最も多くのユーザに使われているコントローラ

去年発売されたHTC VIVEやOculus Riftなどには、専用コントローラがあります。

それまでは、商用版のVRデバイスと言えば、見ることがメインで、インターアクションが必要な際には、スクリーンの真ん中にあるポイントを利用して操作しました。

IC.IDOは以前からコントローラを導入して、インターアクションを可能化していましたが、これらのHMDの登場はVR用のハードウェアの普及をより加速化し、設定も簡易化しました。

しかし、指の動きを再現することは今にも開発が求められています。ソフトの種類にかかわらず、スティック形のコントローラを操作するよりは、グローブ形やウェアラブルデバイスで操作する方が没入感を高くすることが出来ます。

 

指の動きを再現するコントローラやその限界

そういった理由から、コントローラの代わりになるモーション・トラッキング・デバイスやグローブ形のデバイスが開発されています。

このようなデバイスの中には、ボタンがなく、指や手を用いたジェスチャですべての命令を下すようなものもあります。例えば、手のひらを縦にすることで、メニューを開くなど

しかし、指の微細な動きを映像トラッキング、モーショントラッキングで認識することは今の技術でまだ難しいところがあります。技術である程度解決できたとしても、またユーザのミスで意図していない操作が行われる可能性があり、それを避けるために動きの制限がついてきます。

このような理由で、ボタンを搭載し、且つ同時に指の動きを再現できるデバイスが必要とされました。

Steam VRの新しいコントローラ「Knuckles」

Valve社はSteam VRで使える「Knuckles」を開発し、プロトタイプの動画やイメージが公開されました。

装着したイメージです。

完全なグローブ形ではありませんが、手を開いた状態でも落ちないウェアラブル形のようです。

new-vive-controllers3.png

1(22).jpg

 

装着

コントローラに指を入れてから、バンドを引き締めます。

943406651_preview_tighten_loosen.gif

 

装着後

手を開いても落ちないように固定されます。

943406651_preview_calibration_500.gif

下の画像を見ると各色のセンサで指の接触を感知し、各指の動きを再現できる仕組みのようです。

また裏側の親指の方には、トラックパッドや3つのボタンが付いています。

まだ、このボタンの活用度については情報が少ないですが、これらのボタンと他の指の動きを組み合わせることで、操作できる命令のバリエーションは多いようです。

943406651_preview__knuckles_overview_1.png

 

実際はどのような使い方になるのか

下の動画を見ると、指で物をつかむ表現が見られます。完璧ではないのですが、既存のコントローラより操作がしやすくなったことは間違いありません。


 

既存のHTC VIVEとの互換性

ValveのSteamVRが開発したことから、既存のHTC VIVEとの互換性もあると考えられます。下の画像を見るとSteamVR Betaで動作確認できたようですね。

943406651_preview_driver_install.png

 Steam VRで使えるとは言え、IC.IDOで対応するためには、ソフト側の開発が必要となると思います。対応するかどうかまだ情報は出ていない状況です。

もし、IC.IDOで対応することになれば、小さい部品の作業性確認、組付、取り外し、操作などがよりしやすくなると思います。

また、あくまでも想像に過ぎませんが、VRの中で仮想キーボードを使って10本の指でメモを残せることもできる日がくるかもしれません。

 

 

New Call-to-action

無料仮想検証体験コース

3D CADを用いた設計のご経験がある方や、VRを用いた設計や検証に関心のお持ちの方を対象に、無料で仮想検証体験コースを開催してています。ぜひご参加ください。

体験コースを申し込む