寿屋フロンテ株式会社 PAM-COMPOSITES導入事例

case-kf-k

寿屋フロンテ株式会社 開発部 音響解析実験グループ 河合洋氏、藤野拓視氏にPAM-COMPOSITES/PAM-FORMモジュールを導入した経緯とその効果について詳しく聞きました。

寿屋フロンテでは、PAM-COMPOSITESのPAM-FORMモジュールを使って、主に「フロアカーペットの製造プロセスの改善」に役立てています。 自動車メーカーが新型車の発売が決まると、寿屋フロンテの製造部門は、その発売 時期に合わせてカーペットの大量生産の体制を整えていきます。このとき生産技術部 門では、実際の生産開始に先立ち、「最適な製造方法」をある程度、確立しておく必 要があります。この製造方法の確立は、実際の製造 実験、あるいはシミュレーションを通じて 行います。PAM-FORMは、この製造シミュ レーションを行うためのツールとして、 2004年にはじめて導入し、以来13年間 使い続けています。製造プロセス改善の基本ツールとして 今やなくてはならない存在です。