機能

パラメータスタディ

  • 2017/05/30
  • WATANABE Tomoo
パラメータスタディ

今回はSimulationXで計算を行う上で、便利な機能の一つをご紹介します。

SimulationXでモデルを構築した後にモデルの活用方法としてパラメータスタディが一つとして挙げられます。該当するパラメータを変更しては計算していく事を繰り返すというのも一つの方法ですが、複数のエレメントに対して複数の水準を設定し、それらの組み合わせを一つ一つ計算していくのは大変です。

そこで、Variants Wizardという機能を用いてSimulationX内部で複数の組み合わせを自動的に作成させ、さらに連続して計算を実行させる事により実行漏れも防げますし、何よりパラメータを変更する手間が省けます。

下の例は単純なモデルですが、バネ及びダンパーの特性をある基準を設けてそれらの組み合わせを作成した場合の画面です。これを計算させた結果が上のグラフとなります。

VariantWizard-Input.jpg