CEM Oneをご検討中のお客様へ無料Eブック「CEM One 概要」をダウンロードいただけます!

活用事例

樹脂板形状とミリ波の反射シミュレーション

  • 2018/07/10
  • TSUCHIYA Toru
樹脂板形状とミリ波の反射シミュレーション

ホーンアンテナから放射される77GHzのミリ波が樹脂板へ入射した時、樹脂板形状による反射の違いを解析したサンプル事例を紹介します。

解析手法


モーメント法(ホーンアンテナ)とFDTD(樹脂板)の3D3Dカップリングシミュレーション。
尚、反射が視認しやすいように波源からの放射は3周期に設定しています。

3D3Dカップリングシミュレーション機能についてはこちらをご参照下さい。

車載 準ミリ波レーダー解析

シミュレーション結果


  • 樹脂板が平面形状の時の時間領域電界解析結果flat
  • 樹脂板が反曲面形状の時の時間領域電界解析結果curved
  •  xz(中心縦)断面の比較plate_xz

 

結果について


  • それぞれの樹脂板形状のシミュレーション結果を比較すると、「空間⇒樹脂板」入射時の反射は同様ですが、「樹脂板⇒空間」の反射(2つめの反射)は形状によって異なる事が視覚的に確認出来ます。
  • 半曲面形状の樹脂板では、「樹脂板⇒空間」の反射波は拡がらずにアンテナ方向へ伝播しており、後方(+x方向)への反射は平面形状の樹脂板より大きい事がイメージ出来ます。
  • 等価波源からの放射周期を限定しない連続波(通常の解析方法)を使って3D放射パターン(Gain)を計算した結果を下記に掲載します。+x方向の放射レベルが右図の半曲面形状の結果の方が大きく、上記の想定が正しい事が確認出来ます。(左:平面形状、右:半曲面形状)

    gain_comp-plate

マツダ(株)様 CEM 導入事例
「クルマの電磁波シミュレーション」

マツダ株式会社様に、クルマにおける電磁波シミュレーションの特徴とPAM-CEMへの評価についてお聞きしました。
この機会にぜひご覧ください。

導入事例をダウンロード